>>結婚式・2次会の服装はこちら

結婚式2次会男性の恥かかない服装

結婚式では新郎新婦を始め親族の方やお世話になった目上の方も見られるため、服装などファッションはいわゆる正装のスーツやドレス、ワンピースなどが多いです。結婚式も無事終わると今度は二次会に突入します。2次会では結婚式ほど服装に気をつかう必要はないかもしれませんが、男性でも女性でもある程度はカジュアルになりすぎない服装がよいようです。知人友人の中で、新郎がスーツ着てこなくていいよといったのでいざ2次会へ行くと招待された人の殆どはスーツやドレス、ワンピース、ビジネスファッションをしていてとても恥をかいたという経験をしたそうです。このことから結婚式の2次会だからと言っても服装はスーツや品のあるちょっとしたカジュアルが適しているようです。2次会参加者の中には男性でジーパンやブーツを履いてくる方もいるようですが、全体がフォーマルなら一人だけ目立ってしまうことでしょう。新郎新婦の言葉を鵜呑みにせず、フォーマルな服装で参加したほうが安心です。

結婚式の服装と言えばスーツ

スーツと言えばリクルートスーツのように就職活動を目的したものや、パーティー、披露宴、入学式卒業式などでも着まわせるブランドカジュアルスーツなど目的に応じて色々な対応があるようです。そして結婚式でも男性はやはりスーツが正装ファッションとして一般に認識されているようです。スーツにもブランドや、シングル、セミダブルなどの種類、テーラード、タキシードなど。ですが実際はダークスーツや紺のスーツ姿の若者も多く見られます。続けて2次会の参加でもそのままスーツを着ていても特に問題はないようです。お友達の結婚式ではオシャレを楽しむためにモードやモッズ系のスーツやポップなポールスミスなどのスーツを着てくる若者もいます。特にオシャレに拘らなければ青木やコナカ,青山,はるやま,スーツカンパニー,ニッセン,イオンなどで安く購入して着ても良いと思います。結婚式は新郎新婦の親族にも関係するところもあり2次会も畏まりかカジュアル的かで変わるでしょう。

>>結婚式・2次会の服装はこちら

結婚式2次会のご祝儀はどうするか

結婚式ではお金を5万円〜10万円くらいは包みますが、結婚式の2次会ではどうでしょう。2次会は地方にもいって会員制と招待制の2つがあるようです。友人知人の結婚式の場合では親族の間で結婚式をあげる場合もありますが、2次会から友達を招待する新郎新婦も多いようです。2次会では会費を事前に払っている場合もありますがこの時は2次会参加時にご祝儀を別に渡す必要はないようです。逆に会費を払う必要がない2次会の場合、新郎新婦側の負担なので気持ちお金を包むと喜ばれるかもしれません。招待する側にとって会費を請求している場合は、参加時で別にお金を頂いてしまうと後から頂いた方に対しお返しをする必要が出てくるので面倒くさがられることもあるのが本音のようですね。しかし初めて結婚式や2次会へ招待される方にとって、結婚する方へのご祝儀を渡したい気持ちを持ってる若者も多いという話も聞きます。2次会での参加費や会費は1万円前後くらいが多いのではと思います。



Copyright © 2009 結婚式2次会の服装特集

デート inserted by FC2 system